1. HOME > 
  2. ブログ > 
  3. 海ごみサミット・愛媛会議 開催報告

ブログ

海ごみサミット・愛媛会議 開催報告

2011/10/09

DSC03922.JPG

平成23年9月22日~23日
  9回目となりました今年の海ごみサミットは、愛媛大学との共催で、松山市の愛媛大学南加記念ホールで行われました。台風15号の上陸で、講師や参加者の多くが交通手段を失い、遅れての到着となるなどの事態となりましたが、開催地は台風一過の晴天で、なんとか予定通りの内容で実施することができました。行程を変更したり、出直すなどして駆けつけてくださったみなさまには、 感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
 今回のテーマと、講演者は次の通りです。

 第一部 海洋ごみ研究最前線~海洋ごみ問題に関する知見の共有
「海ごみによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減にむけた戦略的環境教育の展開」愛媛大学 磯辺篤彦教授+九州大学大学院工学研究員 清野聡子准教授、
「海ゴミモニタリング手法の紹介」国土技術総合政策研究所 日向博文室長
「地球規模でのPOPsモニタリング・海洋プラスチックが運ぶ化学物質の空閑分布」  東京農工大学 高田秀重教授
「Marine Litter Research Activities in Korea」 ソウル大学Bang Inkweon博士
「Effoets on Monitoring and management of Marine Debris in China」 中国国家海洋局海洋環境監視センター Qian Zhao 博士
コメンテーター 大妻女子大学 兼広春之教授

 第2部 海洋ごみ問題に関する今後の調査・研究について
「市民参画型対策の意義と今後のあり方」鹿児島大学 藤枝繁教授
「環境省における漂流・漂着・海底ごみに関する調査について」 環境省 水・大気環境局 海洋環境室 宮元康一室長補佐
「河川ごみの状況把握・発生抑制に関する検討」 国土交通省水管理国土保全局河川環境課 金井信宏係長
「水産庁のとりくみ」水産庁増殖推進部漁場資源化生態系保全室 遠藤 久室長
「ネットワークを活用した韓国の海洋ごみ生物被害に関する研究」 OSEANホンソヌク代表

 第3部 東日本大震災に起因する漂流漂着物問題について
「東日本大震災に起因する漂流漂着物問題について」 国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター 石垣智基主任研究員
「津波災害による油汚染された海岸漂着ゴミ処理と海岸管理における課題」 九州大学大学院工学研究院 清野聡子准教授+国際航業(株)星上幸良氏
「東日本大震災起因の漂流・漂着・海底ごみに関する環境省の取り組みについて」 環境省 水・大気環境局海洋環境室 宮元康一室長補佐

 近年、多くの分野から海洋ごみの研究への参入が活発になってきたことは、大変喜ばしいのですが、詳細な情報がさまざまな関係者には共有されていませんでした。そこで、どこで誰がどのような研究をしているのか、その成果を現場の改善などに活かすには何が必要なのか、などについて、今回,研究内容等の講演を踏まえながら意見交換を行いました。 レジンペレットを用いて、十数年前から国際的なモニタリングを展開している高田先生からは、「海ごみ問題は、言い換えればプラスチック廃棄物問題ともいえる。そもそもプラスチックをごみにしない、使い捨てをしないなどの根本策の議論が重要」との、基本的かつ重要な提起が改めてなされました。また、国、自治体、研究者、市民団体などが、多種多様な情報を持っていたり、あらたな情報収集を実践できる可能性を持っているなかで、 その情報を散在させずに集約する仕組みが必要であることが確認され、国がその役を担うことへの期待とともに、個々人が自らの情報発信を続けていくこともまた大切であることが確認されました。  震災起因の漂流漂着物対策については、現状把握がすこしずつ進められていますが、 広範囲な対象海域に対して、把握できうる地域は限られています。また、外洋に流出したものへの対応についての検討などは、まだこれからという状況です。震災からの復興とともに、海洋環境への負荷軽減のために情報を集め、とりうる対応がどういうものなのかの意見交換を続けていくことが必要だと思います。
 第10回の節目の年となる来年は、初めて海のない自治体での開催が決定しました。 京都府の亀岡市が、地域のNPOや保津川川下りの関係者などとともに、流域管理や 発生抑制策などをテーマに開催したいと名乗りを上げてくださいました。 日程、内容等はこれから協議を進めていきますので、どうぞお楽しみに。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jean.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/24

年別アーカイブ

このブログを購読

ICC

クリーンアップ会場マップ

クリーンアップ会場はこちら

ページのトップへ