1. HOME > 
  2. ICC > 
  3. クリーンアップ情報 > 
  4. 雁の巣海岸 > 
  5. 雁の巣海岸(実績)

雁の巣海岸(実績)

注:2013年度のICCより、新データカードに移行し,品目が変更されました。 2013年度のデータより、*印は,新データカードで対象外となった品目で「0」で表示されています。 また、ふた・キャップ、食器、食品の包装・容器、カキ養殖用パイプの4品目は、新データカードの複数の品目を統合した値で表示されています。

破片/かけら類

硬質プラスチック破片 16
プラスチックシートや袋の破片 53
*発泡スチロール破片:小(1㎝未満) 0
発泡スチロール破片:大(1㎝以上) 50
ガラスや陶器の破片 6
*紙片 0
*金属破片 0

陸(日常生活・産業・医療/衛生・物流など)

タバコの吸殻・フィルター 39
タバコのパッケージ・包装 6
*葉巻などの吸い口 0
使い捨てライター 10
飲料用プラボトル 30
飲料ガラスびん 4
飲料缶 21
ふた・キャップ 31
*プルタブ 0
6パックホルダー 0
食器(わりばし含む) 4
ストロー・マドラー 4
食品の包装・容器 119
袋類・プラスチック(農業用以外) 28
袋類・紙(農業用以外) 0
農薬・肥料袋 7
*シート類(レジャー用など) 0
*苗木ポット 0
*薬きょう(猟銃の弾丸の殻) 0
*レジンペレット 0
注射器 0
*注射器以外の医療ゴミ 0
漂白剤・洗剤類ボトル 0
*スプレー缶・カセットボンベ 0
生活雑貨 14
おもちゃ 4
風船 0
花火 0
*衣服類 0
*くつ・サンダル 0
家電製品・家具 0
*電池(バッテリーも含む) 0
*自転車・バイク 0
タイヤ 0
*自動車・部品(タイヤ・バッテリー以外) 0
*潤滑油缶・ボトル 0
*梱包用木箱 0
*物流用パレット 0
荷造り用ストラップバンド 3
*ドラム缶 0
*くぎ・針金 0
建築資材(くぎ・針金以外) 2
*コンドーム 0
*タンポンのアプリケーター 0
*紙おむつ 0

海・河川・湖沼(水産・釣り・海上投棄など)

釣り糸 0
ロープ・ひも 2
漁網 1
発泡スチロール製フロート 1
ウキ・フロート・ブイ 0
かご漁具 1
*魚箱(トロ箱) 0
*釣りえさ袋・容器 0
*電球・蛍光灯(家庭用も含む) 0
ルアー・蛍光棒(ケミホタル) 1
カキ養殖用パイプ 0
*廃油ボール 0

上記以外で地域で問題とされているもの

1 プラスチック・発泡スチロール梱包材 7
2  0
3  0
4  0

ゴミが原因で死亡/衰弱/負傷したと思われる野生動物(漁網や釣り糸が絡まっていたなど)

内容

海外からの漂着物

国名・品名・個数1   0
国名・品名・個数2   0
国名・品名・個数3   0
国名・品名・個数4   0
国名・品名・個数5   0
国名・品名・個数6   0
国名・品名・個数7   0
国名・品名・個数8   0

調査の概要

グループ名 九州産業大学経済学部宗像優ゼミナール
参加人数 12歳未満 0人
12歳以上 26人
合計 26人
調査年月日 2017年 10月 24日 13時 00分~ 15時 00分
実質 90分
天候
調査場所の区分 場所 海岸




日本海
集めたゴミの量 kg 6袋
大袋(45L)
調査場所の距離 150m
奥行 5m
面積 750㎡

調査のようす

調査場所の形態




周辺の環境は?





多く訪れている人は?






近くにあるものは?



感想・意見・特記事項、写真

感想・意見・特記事項 プラスチック系のごみが多く、また飲料や食品系のごみが多かった。不法投棄やポイ捨てと思しきごみも多かった。ごみの不法投棄やポイ捨て対策、そして家庭ごみが多いことからそれが川や海に流出しないような対策をとる必要性を感じた。きれいな海を守るために、今後も活動を続けていきたい。
写真1
写真2
写真3

クリーンアップ情報へ

ICC

クリーンアップ会場マップ

クリーンアップ会場はこちら

ブログ

ページのトップへ